monparis's blog

monparis’s blog

主にフランス語学習と読書について書いてます

ブログを始めて一年が経った

 3ヶ月以上ブログを更新しないまま、

気がつけば桜も散り、ブログ開設1年が過ぎていました。

 

お久しぶりです。

再就職して、仕事を覚えるのに四苦八苦しているmonparisです。

 

私はこんなに物覚えの悪い人間だったのか?

と驚くほど頭に入って来ません。

それがブランクによるものなのか年齢的なものなのか

はたまたその両方なのか。

 

以前は一度聞いたことをまた説明されると

「それはさっき聞いた。」と思っていたような。

 

今は、何度か聞いたことに対して

「え?そんなこと聞きました?」の180度転換です。(笑)

 

いや、笑ってる場合じゃなく、本当に必死こいて仕事を覚えています。

 

フランス語の勉強?

 

してません。

 

いろんなことを同時進行する能力も落ちたような気がする。

 

ただ、一点集中力だけはまだ残ってるかな。

 

そんな私を雇ってくれた今の会社に感謝しつつ、自分が貢献できることに集中したいと思います。

 

一年で生活がガラッと変わった。

今、途方にくれてる人も一年後は別の場所にいるかもしれない。

 

 

 

ハローワークで途方にくれた日々

新年おめでとうございます。

今年初投稿になります。
monparisは再就職いたしました。

このブログを始めたのは9ヶ月前でした。
桜のつぼみが膨らむ季節…在宅介護が終わった。

 家にいると後悔と怒りと悲しみにみたされる。
仕事も含めていろんなことがどうでもよく思えてくる。昨年、NHKで「ミッシングワーカー」という特集が組まれているのを見た。働ける年代のなんと103万人もの人が”ミッシング”しているらしい。私もその一人だったわけだ…。’ミッシング’してるつもりは全くないんだけど、求職してないと統計上そう呼ばれるんだ。

 

ハローワークへ行く

貯金が尽きる前に、とにかく家から出ることが重要だと判断した私はハローワークへ体を引きずって行ったのだ。

 

求職申し込みをしてパソコンで検索をしてみると私の年齢でも求人はありそう。年齢以上に、一番の不安はブランクが長いことなんだけど。〇〇の経験がありますと言ったって何年前の話ですか?って突っ込まれそう。そうよね、長年働いたけど、ブランクの間にあれもこれも忘れたよ。家族の介護はどれだけ創意工夫し、睡眠を削って頑張ったところで、職歴にも自己研鑽にもカウントされない。


いろいろ考えてるとまた暗くなってくる。
一人パソコンの前で途方にくれる。

 

f:id:monparis:20181123175218p:plain

帰ろかな
今日は収穫なかったということで…またくればいいや。

問題を先延ばしにし出口へと向かう。

 
その時、私を引き止める声が…

待て待て待て!

また来たところで状況は同じだ。

 

時々頭の中から湧いてくるこの声の源はなんだろう。

私=「諦めと弱気」vs  声=「理性と叱咤激励」みたいな図。

窓口で相談してみる

一緒に戦ってくれるコーチがいる。

そうだ誰かに相談しよう、そう思って受付に行った。

 でも、何を相談していいのかわからない。

たまたま手に持っていた職業訓練のチラシを見せて詳しく知りたいんですけどと言ってみた。その時の相談員さん、表情と話し方から頼りになりそうな気がした。相談にのってもらってるうちにちょっと元気がでてきた。次これを考えて来てください、職務経歴書をこう変えてみましょうと、出された課題は全部やった。そして、ある職業訓練を受けながら職探しをすることになった。


  

職業訓練を受ける

朝起きて行く所があるってすてき。

ここ数年、半径7kmくらいの生活圏内で生きてきたので、全てがキラキラして見えた。
ブランクが長い人は、考えてるだけでなく物理的に動いた方が好転するのではないかと思います。多分、その気力がないから行き詰まるんだけれど。第一歩がハローワークに置いてある職訓校のパンフレットを取って帰ってくるだけでもいい。外に出るとなったら、外見にもそこそこ気を配るでしょうし。その次は窓口で相談してみる。

一人で考えてるよりいろんな人と話してる方が気分も晴れるし、道が開ける可能性も高いのでは?最終的にハローワークで仕事を見つける必要はないのです。
リハビリのようなつもりで行けばいい。履歴書や職務経歴書を作成し、服装を整え、面接に行く、この一連の流れってブランクの長い人間にはハードルが高い。それができるようになるまでハローワークに通えばいい。応募書類のチェックや面接対策とかもやってくれる。自信が出て来たら、転職サイトなどから応募すればいいと思う。

ブログがきっかけに

自信回復にはスモールステップを踏むことが大切ですが、ブログもその一つになりうると思います。 

これからどうしようと思いながらもぼんやりとパソコン画面を見ていたあの日、私の目前を流れていった1つのブログ記事。「はてなブログの始め方」みたいな題名だったと思う。それをつかんだ。そしてその日のうちにブログをオープンした。PV少なすぎて余計自信なくなるやん!という危機もあったけれど9ヶ月続きました。
読んでくださった方々、ありがとうございました。

ただでさえ少ない投稿が2019年さらに減りそーな気がしますが、
細々とでも続けたいとおもっております。

 

 


美しい人、ロミー・シュナイダー


美しい人、というと思い浮かぶのがロミー・シュナイダーです。

同性の私がいうのはおかしいかもしれませんが、女の人って感じがする。容姿だけでなくトータルで醸し出す雰囲気が好きです。

 

その中でもフランス語学習者にご紹介したいのは「夕なぎ」 ”César et Rosalie”です。

 

夕なぎ [DVD]

夕なぎ [DVD]

 

 

 

夕なぎ 【ブルーレイ版】 [Blu-ray]

夕なぎ 【ブルーレイ版】 [Blu-ray]

 

 


彼女の母国語はドイツ語です。この映画をみてバイリンガルかと思ったのですが、
そうではなくて、フランスの映画に出るため猛特訓したそうです。

一人の女性をめぐる三角関係の物語ですが、イヴ・モンタンが演じるセザールが見ものです。

年末年始の休暇にいかがでしょうか。

よいお年をお迎えください。

 

 

 

フランス語学習者におすすめのカレンダー

気がつけば、もう師走です。

このブログを始めたのが4月なので8ヶ月がすぎました。
毎日更新されている方もいらっしゃる中、少ない月は2〜3記事しか書いていない私が8ヶ月続いたと言ってもいいのだろうか…。

 
今日はフランス語学習者(及び美術愛好者)におすすめのカレンダーをご紹介します!

 

それはルーブル美術館の日めくりカレンダー。

こんなやつ。

f:id:monparis:20181211102251j:plain

 裏に作品の解説が英語とフランス語で載っています。

f:id:monparis:20181211101624j:plain

 

年末年始パリに行くという方、知り合いがいらっしゃったら頼んでみてはいかがでしょう?お土産にもいいですね。


このカレンダーでフランス語と絵画を学びつつ、一年のフランス語学習計画を練ってみてはいかがでしょう。 

 

今も同じものが売られているかはわかりませんが、ミュージアムショップにはいろいろとフランス語の勉強になるものが売っています。
絵に興味がある人には美術館の所蔵作品ガイドもいいですね。

f:id:monparis:20181211101654j:plain

 

結構重いので、人にお願いするには気が引けるかもしれませんが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人に贈る絵本

ううっ、寒っ。

温かいミルクティーが美味しい季節になりました。

 今頃になると、本棚からひっぱり出してくる絵本があります。

 レイモンド・ブリッグズの「さむがりやのサンタ」。

 

さむがりやのサンタ (世界傑作絵本シリーズ)

さむがりやのサンタ (世界傑作絵本シリーズ)

 

 

有名なのでご存知の方もたくさんいらっしゃるでしょう。


サンタさんの1日を描いたコマ割りマンガのような絵本です。

セリフが少ないので読むというより眺める感じ。

 

私は中年の域に達してから初めて読んだので、子供とは違う目線でみているはずですが、絵の細部を見るのが楽しい。

 

サンタさんはイギリス人のようでこまめに紅茶を飲むんです。

ちゃんと家事もしますよ。

 

日常生活の一つ一つが貴重であることを知っている大人に贈る一冊です。